TOP > 企業情報 > 代表者挨拶

タニモトは昭和7(1932)年に木製品の加工業者として産声を上げました。以来、お客様のニーズやライフスタイルに柔軟に対応しながら、取り扱い品目のシフトや拡充を展開。食品包装資材、包装機器を中心に、食を彩るアイテムをトータルでコーディネートする包装資材の総合商社へと発展を遂げました。
食品容器やフィルム、ラベル、衛生用品、厨房備品、包装機械などの提供はもちろん、パッケージの企画やデザイン提案も幅広く実施。包装に関するさまざまな問題やご要望にも、個別できめ細やかにお応えしています。

時代とともに商品やサービスの内容は変わりましたが、創業当時から一貫して変わらない弊社の基本姿勢は『お客様へのお役立ち』です。
お役立ち情報や提案を通した幅広いサポート、そして問題解決に向けたお手伝いなど、あらゆるケースでお役に立てることを目指して。スタッフ一同、「お客様を好きになること」「お客様に興味を持つこと」を大切にしています。
お客様の繁栄にお手伝いできること、いっしょになり喜びを分かち合えることが、我々の喜びであり明日への頑張る力になっています。
これからも、「お客様へのお役立ち営業」を実践し続けられるよう、人材育成に力を注ぎ、地域に根差したタニモト、フットワークが良く、気が利くサービスが提供できる、付き合っていて良かったといわれるような会社であり続けるよう努力して参ります。
今後とも、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

株式会社タニモト
代表取締役社長
橋 本 英 治